*

わきが 治らない

ワキガがボディソープで治らないので石鹸にしてみた

ワキガがボディソープで治らないので石鹸にしてみた

病院できちんとした診断を受けたわけではないので定かではないのですが、それでも発汗時や発汗後にワキガと思わしきキツイ体臭を自分から感じることがよくあります。

今の仕事に就いてからは鉄板入りの安全靴を履くようになったせいか、さらに足の裏まで匂うようになって、勤め始めは本当に大変でした。

汗をかいた時に汗拭き用のコットンなどで小まめに拭き取るのは勿論ですが、入浴時に使用していたボディーソープを柑橘系やミント系のさっぱりとした香りの製品に変えてみたり、フローラル系の香りで誤魔化せないかと試行錯誤してみたり、本当に色々と試したものです。

結局、どれも入浴後はいいのですが、その後、汗をかけばあっという間に、わきがの臭いはぶり返し、それどころか日増しにキツクなっていく結果に終わりました。

日を増すごとにキツクなるわきがの臭いに、意を決して同僚女性に相談してみたところ、思わぬ話を聞きました。

それは『安い石鹸を使う』という衝撃の話でした。

彼女が言うには、保湿成分は臭いを包み込んでしまうので、保湿性が無いものほど臭いが落ちるというのです。

脇の下、背中、お腹、足の裏といった、臭いが気になる部分にはボディーソープ使用後に改めて石鹸で丁寧に洗うという話しでしたが、当然ながら私は半信半疑。

病院を検討する前に試してみるか。

そのくらいの気持ちで、その日の夜、自宅にあった三個100円の石鹸ミューズで彼女の言うワキガの治し方方法を実践してみました。

洗い方は、ごく普通なのですが、彼女曰く、「雑菌を落とすにはハッピーバスデーの曲を二回歌い終わるくらいの時間、石鹸をたっぷり付けたタオル等で各部位を洗い続けなくてはならない。」とのことだったので、その言葉に従い、脇の下と足の裏はしつこいくらいにこすり続けました。

普段と比べると大分時間がかかりましたが、入浴後にすぐにあることに気づきました。

そう、自分の体から妙に激しい安物石鹸の匂いが。

脇の下の臭いを嗅いでみても、足の裏の臭いを嗅いでみても、恐ろしいくらいに石鹸臭がするのです。

これはもしや、と期待を寄せつつ就寝。

翌日も大量の汗をかきましたが、体臭を完全に消すことは叶わないものの、普段に比べれば格段に体の汗の臭いの率は減少していました。

それからはもう入浴時に石鹸が手放せません。

勿論、そんなに良い香りというわけではありませんが、ワキガのような臭いや足の臭いに比べれば比べるべくもないことです。

これからも入浴には少し多めの時間を取って、石鹸でワキガや体臭の気になるところを洗いまくります。

わきがに効くクリームの選び方とおすすめ