*

債務整理してから住宅ローンの仮審

債務整理してから、住宅ローンの仮審査を銀行で申し込むとどうなるかというなら、利用することはできません。


債務整理を行った場合、それ以降、数年に渡って、お金をどうやっても借りられなくなって、信用情報に載せられてしまうのです。利用したい場合にはそれなりの時間をおいてみましょう。家族に秘密裡に借金をしていたのに、とうとう返せなくなって、債務整理する事になりました。

かなり大きい借金があり、もう返すことが出来なくなったのです。

相談に乗ってくれたのはそこら辺の弁護士事務所でかなり安い金額で債務整理を行ってくれました。

私は個人再生を申し立てたことで月々の家のローンの支払いがはるかに安くなりました。それまでは毎月支払うのが厳しかったのですが、個人再生で助けられたことで相当返済金額が減り、ゆとりのある生活が送れるようになりました。ためらわずに弁護士に相談してみて良かったと本当に思っています。

債務整理をしたら、ブラックリストに記載されて、5年の間、その記録が残り、クレジットカードの審査を通ることは容易ではないそうです。



けれど、5年経っていないのに作れている人たちもいます。



そんな場合は、借金を全額返済した場合が多いのです。

信用が得られたら、カードを作成する事が出来ます。個人再生には何個かのデメリットが存在します。
一番は高い費用がかかることで、減額した以上に、弁護士に支払う金額が多いなんて事もあります。
しかも、この方法は手続きの期間が長くなってしまうので、減額となるまでにかなりの時間を必要とすることが多々あります。債務整理を経験した事実についての記録は、かなりの間、残ります。

この情報が消えない間は、借入ができないでしょう。情報は何年かで消去されますが、それまでは誰もが閲覧できる状態で残ってしまいます。
債務整理をしてみたことは、仕事場に内緒にしておきたいものです。
勤め先に連絡が入ることはないはずなので、隠し続けることはできます。



とはいえ、官報に掲載されてしまう場合もあると思いますので、見ている方がいれば、知られるかもしれません。債務を整理すると、結婚の時に影響があるのではないかと考えている人がいますが、債務を整理せずに、多額の借金が残っているほうが問題です。


債務整理をした為に結婚に影響するデメリットとして考えられるのは、家を建てる場合、債務整理を行った後、7年間は住宅ローンが組めない事です。

7年以上間をあければローンが組めます。

銀行からお金を借りている状況においては、個人再生をするとその銀行口座をストップされることがあります。



だから、先手を打ってお金をおろしておいた方がいいです。銀行はリスクマネジメントを行い、口座を凍結してそのお金を渡さないようにしてしまいます。

口座を凍結するなんて人でなしだと思うかもしれませんが、銀行側としてみれば、反論を受け付ける必要はないことです。

任意整理とは、債権者と債務者が話し合いをすることで、金利の引き下げを行ったり、元金のみの返済に軽減してもらえるように嘆願するという公の機関である裁判所を通さずに借りたお金を減額する手段です。大多数の場合、弁護士や司法書士が債務者の代わりとして話し合いをして、月ごとに支払う金額を減らすことで、完済の目途がつきます。

借金 返済 相談 堺


コメントする